さぁ皆も一緒に! らんらんるー♪


by a-nest
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自己責任に基づいて見てください。

More以下、動画張ります。

内容は犬猫の殺処分についての番組です。
ペットを飼わない方はみるかどうかは自由ですが、飼ってる方、とくにこれから飼いたいと思っている方は、「自己責任に基づいて」必ず見てください。
すでに十分理解している方は、あえてこの動画をみる必要もないですが・・・


ちなみにニコ動なのでIDないとみれませんよ(; '-')




殺処分・・・







色んな考え、あると思います。
コメントみると非常に偽善という言葉が多かったです。
豚や牛はどうなんだって言葉もありました。
確かに豚牛も犬猫も一個の命には違いありませんが、それを同列に扱うのは間違いじゃないかと思います。
ペットとして飼った以上は、豚牛も犬猫も一緒ですがね。

8分台の作業員のコメント、よく聞いて吟味してください。
ハスキー犬の末路をみてください。
子猫を処分場にもってくる家族の言葉をよく聞いてください。
この犬猫の飼い主達にとって犬猫はおもちゃか道具のようですね。

我が家には猫4匹、犬1匹住んでいます。
世話は私と母親がしております。
金銭面は完全に親に頼っておりますが、やはり犬猫にかかる費用はでかいです。
全員去勢手術済ませました。一匹いくらかかったかな?数万かかりますね。
餌代もでかいです。一袋2000円近いものを使っていますし、缶詰に混ぜて与えています。
猫だと200円くらいのカルカンの缶詰は一日で一缶きえますし、4匹もいるとキャットフードの消耗も早いし、おしっこシートも買わないとだめだし、20歳越えてだんだん動けなくなってきた猫のために小屋も買いました。

月に1~2回のペースでペット用品買いだめします。一回で1万ほどかかりますね。

金銭面はここまでにして、何がいいたいかというと

これから飼いたいと考えている方は、まず命の面での責任をよく考えること。
以前ゴールデン二匹いました。うち一匹は癌でしたが、最後の最後の最後で薬物による安楽死を決め、死ぬ瞬間の最後まで家族全員で見届けました。最後はご飯はおろか水も口にできず、動くこともできない状態でした。

次に、金銭面での覚悟を考えること。
我が家は犬猫にかなりお金かけているほうだと思いますが、それだけの存在だと思います。
まず家庭にそれだけの収入の余裕がないと辛いと思います。
犬猫はケガや病気にかかりやすいです。動物病院に何度もお世話になることでしょう。
しかし保険がきかないので、高いです。一回で5千円とかとられます。レントゲンと薬一本と軟膏で一万以上とられたこともありました。
とにかく金銭面での負担も考えないと、安易には飼えません。

私もひとり立ちしても犬猫欲しいです。私は家族として迎えたからには最後の最後まで面倒をみるのが当然だと思います。なんというか、こんなこと書くのもバカらしいです。
ほんとにかわいいやつらです。
そうおもって飼うなら、自分の子ども同様に大事にしてやりましょう。
それらができないなら、安易に飼わないでください。飼うなら!

去勢手術は確実にお願いします。




*犬猫は繁殖力が強いので、去勢しないとすぐ子ども生みます。
増えた→飼いきれないから里子→引き取り手がいない→捨てるor保健所→殺処分
この流れが現実です。うちの猫の一匹は、親類が生まれたての子猫を処分場にもっていこうとする前に奪い取りました(以前話したダイチといいます)。他にいたもう2匹は無理やり里子をみつけさせました。
[PR]
by a-nest | 2007-10-08 04:26 | 適当